電子マネーとは何か?

皆さんの中には、交通機関を利用する時やスーパーやコンビニエンスストアで買い物をする時など、日常的に【電子マネー】を利用している方も多いのではないでしょうか。
電子マネーとは、その名の通り「電子的なデータになっているお金」または「支払方法を電子的な仕組みを利用して行う」ことで、その場での現金のやり取りをする必要なく簡単に買い物ができる便利さから、昨今、幅広く普及しています。

もともと一般的に使用されていたクレジットカードによる買い物や銀行振り込みによる決済に関しても着々と電子化が進められており、1990年代頃からインターネットを使っての決済として一般化してきたようです。

さらに2000年台前半頃からICカードの中でも特に非接触型のICカード(カードの内部にアンテナがあり、外部から発信される電波を利用してデータをやり取りする機能を持つICカードのこと)を用いての買い物が実際にできる店舗や自販機などが登場し、2000年台後半からは利用できる場面がさらに増え急激に世の中に浸透しています。

さて、一見同じように思える各種の電子マネーですが、じつは支払方法により機能面や条件の面でそれぞれに大きな違いがあり、日常で使用する場合には、その特徴を理解して、上手に利用していくことが大切です。
その違いを大まかに2つに分けると、プリペイド式(事前に料金を支払っておく前払い方式)とポストペイ式(料金後払い方式)になります。